地域の転職情報 | 2021年12月22日

福島県への移住・仕事探しの秘訣を紹介|福島県は住みやすい?転職しやすい?

福島県への移住を考えている方にとって、福島県の転職市場や暮らしやすさは知っておきたいポイント。

特に、生活していくためにも仕事探しは最重要項目と言えるでしょう。

今回は、福島県の特徴を挙げながら暮らしやすさを解説し、福島県での転職市場や仕事探しのポイントなどについて紹介いたします。

>>福島に強い転職エージェントに無料会員登録をしてみる

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: btn_fukushima_register.png

<目次>

福島県の生活環境について

福島県は東北の最南に位置している県で、面積の広さは全国第3位。

阿武隈川が南から北に流れる「中通り」、約160kmの海岸線に沿った低地帯「浜通り」、広大な自然が広がる「会津」の3つのエリアで構成されています。

平成 25 年度の県内総生産は約 7.3 兆円であり、その内製造業が占める割合が最も多く約 1.6 兆円、次いでサービス業が約 1.3 兆円という結果でした。

このことから、製造業とサービス業が盛んなのが伺えます。

ここからは福島県の、

  • 気候
  • 物価
  • 交通
  • 子育て

について詳しく見ていきます。

福島県の気候は「中通り」「浜通り」「会津」で異なる

福島県の気候は「中通り」「浜通り」「会津」の3つのエリアによって異なります。

水田や果樹園が広がる「中通り」エリアの気候は、山間部であれば夏はそれほど暑くなりませんが、盆地ではかなり蒸し暑くなります。冬は雪が降り、冷たい風が吹きます。

「浜通り」エリアは海洋性気候のため、夏は海から涼しい風が吹くため比較的過ごしやすく、冬でも比較的暖かく、ほとんど雪は降りません。

「会津」は山地が大部分を占めるエリアで、日本海側の気候です。そのため、夏は山間部で涼しくなりますが、盆地では蒸し暑くなります。冬は雪が積もる豪雪地帯で、気温もかなり低くなります。

福島県の物価は全国水準と同等だが家賃は安め

総務省統計局が発表した「平成28年小売物価統計調査(構造編)」によると福島県の物価水準は、全国平均を100とすると99.8とほぼ全国水準と同等でした。

都市部に比べ、住居や教育に関する物価はかなり安い一方で、食料や水道光熱の物価が高く総合的に全国平均と同等の物価の高さになっています。

福島県の通勤はストレスが少ないものの車が必要になることも

福島県では、職場が駅やバス停から近ければ公共交通機関での通勤も可能ですが、電車やバスの路線数・運行本数が少ないため、基本的に自動車での通勤になるでしょう。

他県への移動という視点で見てみると、福島県は「東北地方の南の玄関口」と言われており、東北新幹線を利用すれば、首都圏までわずか90分程度です。

自動車での移動でも東北自動車道、磐越自動車道、常磐自動車道と高速自動車道路網の整備も進んでおり、首都圏から車では約3時間で移動できます。

福島県の子育て支援について

福島県は子育て支援の一環として、

  • 児童手当
  • 児童扶養手当
  • 幼児教育・保育の無償化
  • 休日保育利用料補助金

といった、助成金・補助金が用意されています。

子育てに関する情報は、ポータルサイト「すくすくひろば」にまとめられており、簡単に情報が得られる工夫がされています。

また、「子供を預かって欲しい方(お願い会員)」と「お子さんを預かることができる方(まかせて会員)」をマッチングする地域主体となったボランティア事業も行っています。

福島県の転職市場

ここまで、福島県の生活環境について解説してきましたが、福島県の転職市場も気になるところ。

ここでは、福島県の平均年収や転職市場について紹介します。

福島県の平均年収は415.7万円

厚生労働省が発表した「令和元年賃金構造基本統計調査」によると、福島県の平均年収は415.7万円で全国32位と全国的に見ると平均年収はやや低め。

年代ごとに平均年収を切り分けてみると25~29歳と45~49歳のタイミングで年収が50万円ほどアップしているため、この2つの時期が年収アップのチャンスといえそうです。

福島県の有効求人倍率は、1.29倍とやや高め

福島労働局のデータによると、福島県の有効求人倍率は1.29倍(2021年12月現在)。

全国平均の1.15と比べると有効求人倍率が高い傾向にあるため、求職者1人あたりの求人数が多く転職活動を優位に進めやすい県といえます。

福島県の求人の特徴(ヒューレックス調べ)

福島県に移住・転職を決める前に、福島にはどのような求人があるのかも押さえておきたいポイントです。

福島県で求人が多い職種や求人数が多いエリアを把握しておくことで、自分に合った求人があるのかどうか、どこに住めば良いかなど転職・移住の重要な情報源となります。

それでは詳しく解説していきます。

福島県の求人で多い業種・職種

ヒューレックスが保有している福島県の求人951件の内、最も求人数が多かったのは「不動産・建設系」の338件で、次いで「メーカー系」の259件、「商社・流通・小売系」の127件という結果でした。

順位 業種 求人数
1 不動産・建設系 338
2 メーカー系 259
3 商社・流通・小売系 127
4 サービス系 123
5 その他の業種 59
6 IT・通信・インターネット系 43
7 コンサルティング系 22
8 医療・介護・福祉 19
9 金融・保険系 10
10 マスコミ・エンターテイメント系 3

職種で見ると「技術系(電気/電子/機械)」の238件が最も多く、次いで、「技術系(建築/土木)」の194件、「営業系」の179件と続きます。

>>福島県の新着求人を見てみる

順位 業種 求人数
1 技術系(電気/電子/機械) 238
2 技術系(建築/土木) 194
3 営業系 179
4 管理部門/事務系 104
5 経営幹部/企画/マーケティング系 64
6 IT系(ソフトウェア/ネットワーク) 49
7 サービス系(人材/小売/フードetc) 47
8 技術系(メディカル/化学/食品) 38
9 専門職系(コンサルタント/金融/不動産) 32
10 Web/クリエイティブ系 6

>>福島県の新着求人を見てみる

福島県で求人が多いエリア

ヒューレックスが保有している福島県の求人951件の内、求人数が最も多かった市は郡山市の216件で、次いでいわき市の115件、福島市の91件という結果になりました。

このことから郡山市、福島市が属する「中通り」エリアに求人が集中していることが分かります。

このエリアは、福島県の中でも発展しているエリアで、生活する上で比較的不自由なく生活できる地域です。

 

順位 求人数
1 郡山市 216
2 いわき市 115
3 福島市 91
4 白河市 38
5 会津若松市 28
6 須賀川市 27
7 南相馬市 26
8 相馬市 25
9 伊達市 17
10 喜多方市 12
11 二本松市 12
12 田村市 9
13 本宮市 8

>>福島県の新着求人を見てみる

福島県で高年収が狙える業界は「不動産・建設系」「メーカー系」

ヒューレックスが保有している福島県の求人951件の内、高年収を狙える業界は、「不動産・建設系」「メーカー系」です。

ヒューレックスが保有している求人を見ると、「不動産・建設系」の平均年収が571万円と最も高く、それに次ぐ「メーカー系」の平均年収は563万円でした。

この2つの業界は福島県でも求人数が多い業界なので、比較的転職もしやすい業界と言えるでしょう。

順位 業種 求人数 平均年収
1 不動産・建設系 338 571
2 メーカー系 259 563
3 医療・介護・福祉 19 563
4 IT・通信・インターネット系 43 537
5 マスコミ・エンターテイメント系 3 523
6 商社・流通・小売系 127 510
7 その他の業種 59 508
8 コンサルティング系 22 506
9 金融・保険系 10 486
10 サービス系 123 477

>>福島県の新着求人を見てみる

福島県に転職・移住するメリット

メリット①通勤ラッシュから開放される

福島県は、関東圏と比べて人口が少ない県です。そのため、都市部のような通勤ラッシュはまずないと言っても良いでしょう。

また、職場が福島県の中心部だとしても、福島県は家賃が安いため職場に近いエリアに住みやすく通勤時間が大幅に短縮できるのもメリットの1つです。

ただし、都市部と比べて公共交通機関が発展していないため、自家用車が必須になるケースもあります。

メリット②比較的求人数が多い

福島県の有効求人倍率は1.29倍と、全国平均の1.15と比べてみても有効求人倍率が高い傾向にあるため、1人あたりの求人数が多く転職活動を優位に進めやすい県といえます。

広大な土地を有する福島県には、求人の特徴で紹介したように大手企業の拠点や工場などが多く集まる傾向があります。

さらに、スポーツ用品販売を行うゼビオホールディングスや医薬品の総合商社である東北アルフレッサ、製造・加工を行う日東紡績株式会社など、高年収が期待できる企業も多く集まっているため、求人は充実していると言えるでしょう。

メリット③ゆったりとした生活を送れる

ゆったりと落ち着いた生活ができるのも福島県に移住するメリットです。

福島県は広大な土地を有する県です。海も山もあるため、自然を感じながら生活を送ることができます。

また、福島県の1キロ平方メートルあたりの人口(人口密度)は132.99。東京の6,402.35と比較すると、いかに人口が密集していないかが分かります。

順位 都道府県 人口密度
1 東京都 6,402.35
2 大阪府 4,638.43
3 神奈川県 3,823.21
4 埼玉県 1,933.96
5 愛知県 1,458.56

 

福島県に転職・移住するデメリット

デメリット①年収ダウンの可能性がある

「2019年の賃金構造基本統計調査」によると、福島県の平均年収は415.7万円です。全国的に低めの水準なので、転職によって年収がダウンする可能性があります。

デメリット②物価が特段低いわけではない

地方=物価が安いというイメージがありますが、総務省統計局が発表した「平成28年小売物価統計調査(構造編)」によると福島県の物価水準は、全国で13番目に高いという事が分かりました。

都市部に比べ、住居や教育に関する物価はかなり安いものの、食料や水道光熱の物価が高いため総合的な物価が高くなっています。

厚生労働省が発表した「令和元年賃金構造基本統計調査」によると、福島県の平均年収は415.7万円で全国32位と低めなので、都市部での生活と比べるとあまり余裕は生まれないでしょう。

デメリット③福島県への引っ越しなどで費用がかかる

福島県に転職・移住に伴い、引っ越し費用が発生してしまう点はデメリットと言えるでしょう。引っ越し費用やだけでなく、新しい住まいの敷金・礼金、家具・家電など大きな出費が発生します。

面接や内定のタイミングで「来社してほしい」と言われた場合、その交通費などもかさみます。転職・移住を決める前にある程度の資金を用意しておきましょう。

デメリット④福島県特有の文化や風習の違いがある

福島県への転職・移住をする際のデメリットとして文化・風習の違いや方言によるコミュニケーションエラーも挙げられます。

文化・風習の違いや方言を理解していないと、職場やご近所付き合いで上手くコミュニケーションが取れないこともありますが、これは時間をかけて慣れていくしかありません。

文化・風習や方言を知らないだけで、人間関係が著しく悪化することはないので、焦らず少しずつ慣れていけば問題ないでしょう。

福島県への移住・転職を成功させるポイント

ここでは、福島県の移住・転職を成功させるポイント見ていきましょう。大きく分けて以下5つがポイントとして挙げられます。それぞれについて詳しく解説していきます。

  • 移住する前に内定をもらう
  • じっくり時間をかけて転職活動を行う
  • オンライン面接に対応している企業を選ぶのもあり
  • 移住支援制度を利用する
  • 転職エージェントを利用する

福島県に移住する前に内定をもらう

当然のことですが、福島県に移住するのは内定をもらってからにしましょう。「福島県に移住してから転職活動をすれば良い」と考えている方もいらっしゃると思いますが、転職はそんなに甘いものではありません。移住したあとになかなか転職先が決まらなかった場合、収入がない期間生活が苦しくなります。また、内々定や口約束での内定ではなく、しっかりと書面で内定通知をもらってから福島県に移住する準備をしましょう。

じっくり時間をかけて転職活動を行う

転職活動に焦りは禁物です。急いで決めてしまうと、転職後に「実はブラック企業だった…」「後から好条件の求人を見つけてしまった…」というような失敗・後悔をすることも大いにありえます。じっくり時間をかけて情報収集や自己分析を行いながら、自分に合った転職先企業を探しましょう。

オンライン面接に対応している企業を選ぶのもあり

面接のたびに福島県に行くとなると時間も交通費もかかってしまうため、オンライン面接などに対応してくれる企業に絞って選ぶのもありです。また、自分が住んでいる県に支店や拠点などがないかチェックして選ぶのもよいでしょう。しかし、そうするとかなり求人が限定されてしまうので、ある程度の交通費は覚悟しておいた方が良いかもしれません。

転職エージェントを利用する

転職活動をする時間がなかなか取れない、絶対に転職を成功させたいという方には転職エージェントの利用がおすすめです。転職エージェントは転職サポートのプロです。

福島県の優良求人の紹介をはじめ、履歴書・職務経歴書の添削や面接のアドバイスなどもしてもらえます。非公開求人と呼ばれる、求人サイトには掲載されていない特別な求人も紹介してもらえるのも転職エージェントを利用する大きなメリットと言えるでしょう。

転職エージェントは福島県の転職市場はもちろん、福島県の求人の特徴や傾向を把握しているので、情報収集の段階でも一度相談するのがおすすめです。

>福島に強い転職エージェントに無料会員登録をしてみる

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: btn_fukushima_register.png

福島県の移住支援制度を利用する

移住支援制度を利用することで、移住にかかる引越し費用の負担を少なくすることができるのでぜひ利用しましょう。福島県では、人口減少対策と担い手不足の解消を目的として、移住支援金を支給していますが、東京23区内在住もしくは勤務地が東京23区内の方限定です。

また、福島県内すべての市町村が移住支援金事業を実施していますが、自治体であらかじめ設定した件数に達すると、原則としてその年度の支給はなくなってしまうので、移住予定の市町村窓口に確認しましょう。移住前に仮申請が必要になるので条件などをしっかり確認した上で申請しましょう。

福島県の移住支援制度について詳しく知りたい方は下記からご確認ください。

福島県移住支援金事業

福島県への移住・仕事探しは「焦らずじっくり」が成功の秘訣

広大な自然が広がる福島県は、都会と比べ人口が少なく通勤時や出かけ先での混雑などストレスが少なく落ち着いた生活が送れる地域と言えるでしょう。

都市部と比べて求人も比較的多いため、転職する上での選択肢も広がりそうです。

ただし、油断は禁物です。福島県で転職先・移住を検討している際は、下記5つのポイントをしっかり押さえておきましょう。

  • 移住する前に内定をもらう
  • じっくり時間をかけて転職活動を行う
  • オンライン面接に対応している企業を選ぶのもあり
  • 移住支援制度を利用する
  • 転職エージェントを利用する

特に、時間がない方や転職を絶対に成功させたいという方には、福島県に特化した転職エージェントの利用がおすすめです。

福島県の環境と転職市場を熟知した地元の転職エージェントであれば、普段はなかなか出会えない優良企業を紹介してくれるでしょう。

福島県にはさまざまな転職エージェントがありますが、福島県の銀行と連携して転職をサポートしているヒューレックスなら、より好条件の求人を紹介可能です。

福島県に転職をご希望でしたら、まずは、ヒューレックスにお気軽にご相談ください。

>>福島に強い転職エージェントに無料会員登録をしてみる

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: btn_fukushima_register.png

コメントを見る

おすすめ求人

RECRUIT

コメント

COMMENT

コメントする場合は下記のフォームに必要事項を入力してください。